スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

金融市場が暴風雨に見舞われる中、必死に製薬資本に奉仕するアメリカの歪んだ医療行政

こんにちは 今日は アメリカ食品医薬品局(FDA)がおこなったとんでもない暴挙 について、ぜひお話ししたいと思います。 金融市場は1930年代大不況並みの暴落中 まず、次のグラフをご覧ください。 とくにご注目いただきたいのは、大天井からたった7ヵ月しかたっていないのに、 世界中の株式・債券市場で失われた時価総額が約36兆ドル(ほぼ4900兆円) に達しているという事実です。 今年の上半期 はまだ終わっていませんが、 6月21日の終値と同水準にとどまれば、S&P500株価指数は1932年の上半期以来、じつに90年ぶりの暴落 を記録することになります。 気がかりなのは、コロナ禍の中で順調に株価が上がっていた FANGMAN+テスラ の8銘柄中5銘柄までもが、ピークから40%以上の下落となっていることです。 FANGMAN とは、 F acebook (上場企業名はメタ・プラットフォームズ)、 A mazon 、 N etflix 、 G oogle (上場企業名はアルファベット)、 M icrosoft 、 A pple 、 N vidia 、計7銘柄の頭文字を集めた造語です。 この7社にテスラを加えた8銘柄が2020~21年に起きた株式市場全体の時価総額膨張を支えていた わけで、このうちメタ、アマゾン、グーグル、マイクロソフト、アップル、テスラの6社は、時価総額が一度は1兆ドルを超えたことがある「1兆ドルクラブ」のメンバーです。 すでに、 ネットフリックスは▲76%、メタは▲57%、エヌビディアは▲54%、テスラは▲46%、アマゾンは▲45% と 8銘柄中5銘柄がピーク比で40%を超える大暴落 を記録しています。 つまり、 FANGMAN+テスラの 8銘柄中でまだ下落幅が40%未満にとどまっているのは、グーグル、マイクロソフト、アップルの3銘柄だけ なのです。 一時は ヘッジファンドの先物売りが集中している株さえ買えば、どんどん値上がりしてヘッジファンドの踏み上げ買いで好成績を収められる ともてはやされた 「 ミーム株」相場は完全に逆転 しました。 踏み上げ買いとは、 カラ売りに対する証拠金の追加請求(追い証)に応じられないカラ売り筋が、高値で買い戻さなければならなくなる状態を指しています。 業績的にはまったく買えないからこそ、ヘッジファンドのカラ売りが集中し

最新の投稿

エネルギー価格高騰にいちばん強い先進国は日本

世界経済フォーラム(WEF)はどんな世界政府を樹立したいのか?

SNSや検索エンジンがなぜ無料で使えるのか

習近平がグローバル派で、ジャック・マーが反グローバル派です ご質問にお答えします その28

食いものにされるアメリカの投資家たち

アメリカ株はそろそろ買いどき?