スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の記事

銀行連鎖破綻で確認できた米ドル覇権の終わり

こんにちは 3月10日にシリコンバレーバンクが破綻してから、おなじくアメリカのシグネチャーバンクも破綻し、 アメリカ中で中堅以下の規模のさまざまな銀行について経営不安を指摘するニュースが相次いでいます 。 大西洋を隔てたヨーロッパでは、スイスで2番目に大きく、グローバルなシステム上重要な銀行にも数えられていた クレディ・スイスが、同業者による救済合併と国有化の悪いとこどりをしたようなスキームでUBSに吸収 されました。 欧米銀行業界の波乱はまだこんなもので収まるはずはなく、経済の神経とも血液ともたとえられる 金融が機能不全を起こせば、当然経済全体に大きな影響 を及ぼします。 そこで今日は、 今回の銀行危機の意味 と、その 解決がどんなふうに世界を変えるだろうか という点を論じたいと思います。 こんどの含み損はとんでもない金額 まず、ご注目いただきたいグラフがあります。 2007~09年の国際金融危機当時、「アメリカ中の 有力都市銀行、証券会社が軒並み破綻するかもしれない」と言われていた頃のアメリカ銀行業界全体の証券投資による含み損 は、ピークで 750億ドル (約9兆7500億円)弱でした。 それに比べて、 直近の銀行業界全体の証券投資による含み損は 10倍に近い 7000億ドル (約90兆円)前後に膨らんでいます。 アメリカのGDP 23兆3000億ドルを 全額損失の穴埋めに充てたとしても、損失一掃には4年近くかかる 計算になります。 国際金融危機では 、見せしめ的にリーマン・ブラザーズが破綻させられ、ベア・スターンズが破格の安値でJPモルガンに買収された以外には、 銀行・証券業界大手はほとんど政府の資金で救済 されました。 AIGという大手保険会社は、客のカネで大バクチを打っていたし、保険会社の倒産はあまり大きな影響を金融市場全体には及ぼさないのですが、それでも「大きすぎて潰せない」という非論理的な理由で救済されました。 どうやら アメリカの銀行業界は 「ギャンブルをして 成功すれば儲けは自分のもの、損が出れば政府に救済してもらえる 」という虫のいい教訓を学んでしまったらしく、 アメリカ株が順調に上がりつづけていくうちにどんどん賭け金を積み増ししていた ようです。 2021年の春ごろから、真剣に量的緩和(金融業界への現金ばら撒き)を止め、フェデラルファンド金利も

最新の投稿

史上最強の利権帝国の土台にヒビが入った

大不況で済めばラッキーな2020年代のアメリカ経済

少子高齢化は問題なのか? ご質問にお答えします その37