スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

サッカーワールドカップ2022 カタール大会の今後と日本代表の未来を占う

こんにちは 4年に1度の大イベント、 サッカーワールドカップ2022年カタール大会も 佳境に入り、 ベスト8が出そろいました 。 日本代表が 善戦むなしくPK戦でまたもベスト8の壁に跳ね返されたのは残念ですが、 グループリーグでは、世界にたった8ヵ国しかない優勝経験国のうち2ヵ国を破り、しかもともに逆転勝ち をやってのけたのです。 スペインを2位に従え、ドイツを蹴落としての首位通過ですから、 着実に強くなっていることを世界に印象づける大会になった ことは間違いありません。 そこで今日は、これまでと趣向を一変して、なぜかトーナメント戦ではいちばんおもしろいマッチアップになることが多い 準々決勝の4試合をずぶのしろうととして予想し 、ついでに 今後の日本A代表を担うのはどんな選手かについても無責任に論評 してしまおうと思います。 話題満載の準々決勝4試合 まず8つのグループリーグを1~2位で突破した16チームで始まったトーナメントの勝ち上がり表をご覧ください。 左上は、アメリカとオーストラリアという、ともにやや力の劣る相手に順当勝ちして悠々ベスト8に残った オランダ対アルゼンチン です。 左下は死力を尽くしたPK戦で日本に辛勝した クロアチアが 、南米最強のサッカー王国で余裕をもってターンオーバーもしながら勝ち上がってきた ブラジルに挑みます 。 右上は番狂わせの予感があったセネガルを意外にあっさり破った イングランドと 、レバンドフスキのワンマンチーム感が強かったポーランドに楽勝した フランス です。 右下では、結局8試合で唯一スペインを番狂わせで下した モロッコが 、堅守スイスに大量得点で楽勝した ポルトガルと対戦 します。 キックオフの日時順に、それぞれの過去のワールドカップでの対戦成績を表にすると、次のとおりとなります。 第1試合は日本時間で今週の土曜日、深夜零時キックオフの クロアチア対ブラジル です。 過去の対戦は 、今やクロアチアの大黒柱として衰え知らずで活躍しているモドリッチが初めて代表に選出された 2006年のドイツ大会と2014年のブラジル大会 で、 ブラジルが2勝しています 。 第2試合は同じく土曜日の午前4時キックオフの オランダ対アルゼンチン です。ワールドカップだけで5回顔を合わせており、 通算成績は延長までならオランダの2勝1敗2分け、PK

最新の投稿

アメリカのハイテク株は中国経済と一蓮托生

今年の世相を象徴する人物、サム・バンクマン=フリード

『人類9割削減計画−飢餓と疫病を惹き起こす世界政府が誕生する−』出版を記念し12月4日、シンポジウムに参加いたします。

支離滅裂な人口縮小論の真意は?