スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の記事

どんなに技術が進歩しても、人間は生命の神秘に介入すべきではない ご質問にお答えします その36

こんにちは 去年最後の投稿となった 「どこか間違っていないか? ゲノム編集に関する熱狂ぶり」 にとても興味深いコメントをいただきました。 ご質問と言うよりはご感想なのですが、非常に 重要な問題提起 をしていらっしゃるコメントですので、以下のとおり一連のご質問と解釈して、答えさせていただきます。 ご質問1: 生物や科学に関することを勉強すればするほど、 我々人間は「造物主」になっていいのか? という疑問が生じてきます。 ご質問2: 確かに我々は科学や医学の進歩の恩恵を被っています。しかし、その一方で 「人間はいつか死ぬ」という真理を拒否しているのではないでしょうか? ご質問3: 上手く言えないのですが、 人口増大の問題も科学の進歩より人間の倫理を発達させた方が解決策になると思いますが、いかがでしょうか? お答え1: ほんとうに、 我々のように 生きながらえることのできる時間も、見渡すことのできる世界も、知識の積み重ねや、先人から受け継ぎ磨きつづけてきたと思っている知的能力も ごく限定された存在が、全知全能の造物主のマネをしていいものでしょうか 。 私は、絶対にそんな 出すぎたことをすべきではない と確信しています。そういう考え方をする私にとって、悪夢のようなある企業のプロモーションビデオを見る機会がありました。 さいわいなことに、これは実在する会社のプロモーションビデオではなく、今後10~20年後、いやひょっとすると 数年後には誕生しているかもしれない「先端技術の花形企業」という架空の存在 です。 胎児を人工子宮で育てる時代が来るのか? でも、かなり綿密な下調べをしてこのビデオを制作した人たちは、 これが悪夢ではなく、すばらしい未来の姿だと思っているようです。そこがいちばん怖い と思います。 人間の 男性と女性とのあいだで受精した卵子を、この会社が開発した人工子宮に入れて胎児として育てれば、 女性は自分の体内に生まれてくる 新しい生命を宿しながら日常生活を10ヵ月も続ける不便さ、さらに出産時にはまさに「産みの苦しみ」から解放されて子宝を授かる というわけです。 一応、 大義名分としては 日本とかブルガリアとかのように毎年の出生数が死亡数を下回って 人口が減少に転じた国でも、ふつうの妊娠から分娩へという経路では子どもを授かることのできないカップルが妊娠し、子どもを産める

最新の投稿

円安は我々に何をもたらしたのか?-第61回勉強会-

世界一の金満国家なのに国民は窮乏化? ご質問にお答えします その35

金融市場はなぜうまく行かないのか? 超初歩からの経済学入門 その2

自然災害頻発は地球温暖化のせいなのか?

どこか間違っていないか? ゲノム編集に関する熱狂ぶり